« 鶏頭をゆでる | トップページ | スリング作ってみた »

2015年4月25日 (土)

ブログをさぼっていた理由

さぼっていたブログ、復活してみます。六か月さぼっていた理由ですが、それはとある事件がきっかけでした。簡単に言うとジェイミーが生死の境をさまよった、という話です。

ジェイミーとの毎日を楽しく安全に過ごすための自分への戒めとしてあの数日間の事を書いてみます。

11月の上旬、仕事終わりに私(ジェイミー母)がジェイミーをお散歩に連れ出しました。いつもの通り、私はぼーっと歩いてたまに携帯いじってたり...と気合は全く入っていませんでした。すると、ジェイミーがある所で立ち止まり臭いを嗅いでいます。すでにジェイミーより半歩先に出ていた私はそのまま振り返ることなく、数秒だったところでグイッとリードをひっぱると私の前にくるりと回ってきたジェイミーは舌なめずりをしていました。

「また何かつまみ食いしたな」

とそのぐらいにしか思わぬまま歩き進めます。実際、過去に何度もつまみ食いをしたことがあり、子犬の頃は人間も大騒ぎしましたが最近は驚かなくなっていました。すると3分ぐらいあるいたところでジェイミーがいつもよりもなんだか妙にキビキビと動いているのに気付きました。もしかしてにゃんをお迎えに行くと思って興奮しているのかな?と思いそのまま歩き続けるとさらに3分ほど進んだあたりでジェイミーはがたがた震え始め口の周りに泡が出て、ゲーッと何かを吐きだしました。吐瀉物に目をやると真っ青です。次の嘔吐の波が来て、今度は透明なものが出てきましたがもうジェイミーの足はガタガタと震え立っていられないぐらいの状況です。このとき偶然動物病院の目の前にいたので私はジェイミーを抱えてすぐに駈け込みました。

「毒物を食べたみたいです!すぐに診察して下さい!」

そう叫びながら中に入るとちょうど誰も居なかった為すぐに診察室に通されました。パニックになっている私とは裏腹に、先生は冷静に血液検査をして腎臓の値が問題なければすぐに麻酔をして胃洗浄をしましょうと言ってくださいました。診察台の上で泡を口のまわりにつけながらぶるぶる震えるジェイミーを見ている私にはその検査結果が出るまでの間にジェイミーが死んでしまうという恐怖で頭が真っ白でしたが、ここはプロに任せようと先生にお願いして一度診察室を出ました。しばらくすると先生にもう一度呼ばれ、腎臓の値は問題ないのですぐに胃洗浄を行うと言われ、麻酔に伴うリスクの説明などを受けましたがもちろんすぐに同意、作業を進めていただきました。

ジェイミーが死ぬかもしれない、という話をにゃんに携帯で報告。あまりにも信じられない状況に、なんだか現実なのかどうかもよく分からな自分が居ます。すでに帰路についていたにゃんは駅から走って病院に駆けつけてくれました。人間二人とも顔面を真っ白にしながら胃洗浄が終わるのを待ち、しばらくすると作業が無事終わった説明を聞きました。ひとまず命は助かったようです。でも、毒素が体に残っている可能性があるので2-3日かけて点滴をずっと流し続けるという説明を聞きました。もちろん、後遺症は一切残してほしくないのでどんなことでも最大限やってくださいとお願いしました。

麻酔も覚めていますので顔を見てから帰っては?と言っていただき奥に通されるとケージの向こうに足が上手く立たず涙目になって点滴をしているジェイミーの姿がありました。それでもこちらをみて嬉しそうに尻尾を振っているんです。麻酔が覚めたばかりだから足が立たないのですが、その時は後遺症かもしれないと勝手に解釈して胸がギュッと締め付けられ、涙がこぼれました。

ちょうど数か月前に都内で青い毒(農薬?)を捲いて野良猫を殺すという事件が何度かあったんですよと先生そこから伺いました。確かに、ジェイミーが舌なめずりをしたのは近所で野良猫の餌やりをする人とそれを嫌う人が争っているエリア。帰りに見てみようとにゃんと話しながら現場に向かうと真っ青な残飯らしきものが置かれていました。それを袋に入れて持ち帰りました。

翌日、保健所にそれをにゃんが持ち込み警察にも連絡をしました。捜査はして貰えたものの、犯人逮捕には至っておりません。

ジェイミーの入院していた数日間は毎日朝病院に連絡をして様子を聞き、夜はお見舞いに行きました。すると事件の翌日にはもうかなり元気になっています!お散歩にも軽く行っていいですよと先生にOKを貰えるほどでした。

Dsc_0357

ジェイミーにリードをつけて病院の外に出ると、もうそれだけで人間は号泣です。ジェイミーが一緒に歩いてる、外を歩くことを楽しんでくれてる、もうそれだけで嬉しくてジェイミーに「楽しいね、よかったね」と話かけながら涙がガンガン流れ、道行く人は何事!?と振り返っていきますがそんなことは気にしてられません。

実は体内に毒素が残っていて3日目に危険な状況になるかもしれない。そんな不安を人間は抱えていましたがそれとは裏腹にぐんぐん回復し、数日後無事に退院したジェイミー。その際に行った血液検査では後遺症などは全く認められませんでした。念のため一週間後にもう一度病院に行き検査していただきましたがこちらもクリア。そして先日、狂犬病の注射の前に健康診断をしてもらいましたがそちらも全く問題なしという結果でした。

改めて文字にすると色々思い出すこともあり、胸がぐっと苦しくなることがありましたが忘れられない、忘れてはいけない事件です。これがあったからこそ人間はお散歩中にさらに気を付けるようになったし(ちなみに拾い食いの癖は治らず...ムキー!!)、ジェイミーの存在の大きさとありがたさを改めて感じました。

ジェイミーが退院してからは色々遊びにいったりこれまでと変わらぬ毎日をおくっています。そのあたりはまた別の記事で...。

拾い食いは要注意です!!

がっつり学びました。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

|

« 鶏頭をゆでる | トップページ | スリング作ってみた »

コメント

お帰り!
ブログもジェイミーも!!

投稿: J. J. | 2015年4月26日 (日) 00時14分

J.J.さま

ただいまー!
やっとですよ、半年ぶり。

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月26日 (日) 22時38分

記事読んでびっくりヾ(.;.;゚Д゚)ノ  ジェイミー君、ホントに元気になって良かったぁぁー!

こういう事件は時々耳にするので気を付けてはいるのですが、やはり我が家にも
拾い食いキングがおり他人事ではありません。。。

辛かったのに記事にしてくれてありがとうございます。この記事のおかげで、
私もまぁちゃんも、改めて注意しなきゃ!って思いました。
お互い大切な息子を守らなきゃですねぇ~!!

投稿: きょん | 2015年4月27日 (月) 12時53分

ジェイミーくんの笑顔の写真を見てホッとしました。
病院にすぐに行けてすぐに処置出来たのが本当に幸運でしたね。
元気になって良かったです!

投稿: えりす新一 | 2015年4月27日 (月) 18時14分

久しぶりのジェイミー君が見れるとブログを開けてびっくり…読んでいるうちに涙がじわ~と湧き出ました。
覚えていらっしゃいますか?桜新町のエイルです。
ジェイミー君のなつっこい目とフワフワが大好きです。
大変な経験をされましたね…。何と言ったら良いのかわかりませんがジェイミー君が元気になって本当に良かったです。

自宅付近の道では未だ毒などは聞いた事はありませんが近くの公園などには怪しい餌…猫駆除のものがあり、子供等がふざけてばら撒いている事があります。何度か見ましたが餌の色は青ではなく茶色でしたね…。食べて亡くなった犬、猫がいたようです。

私もしょっちゅうエイルの口の中に手を入れて「何を食べたの~!」と格闘しています。

ジェイミー君が無事で本当に良かった!

投稿: エイル母 | 2015年4月27日 (月) 19時45分

きょんさま

あまりにも生々しい話なので多少あっさりバージョンがいいかしらとも思ったのですが、ここは一気にフルバージョンでお届けしました。ホントに、縮みあがるほど恐ろしかったのでポワロ君も気を付けてください!

普通の街だと思ってたのに、こんなことする人いるんですよ...。悲しいです。

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月27日 (月) 21時02分

エリス新一さま

そうなんです。もう奇跡としか言いようのないめぐりあわせでした!あそこに病院が無くて、家まで戻って車で病院まで移動してたら多分命はなかったと思います。

後遺症もなく、全く以前と変わらない状況に回復してくれてホントに良かったです。

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月27日 (月) 21時15分

エイル母さま

もちろん覚えていますよーー!エイル君はその後お元気ですか??ジェイミーは今回の事件で性格が変わったりすることもなく、あいかわらずぼーっとしてます。

案外公園に毒が置いてあるってあるみたいですね。今回の件をきっかけに色々な人に話をしてみたら実は親戚の犬が、昔飼ってた犬が...というような話を何度か耳にしました。夜の公園は人が少ないので行きたいんですが、怖いんですよねー。真ん中あたりで毎度遊んで居ます。

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月27日 (月) 21時20分

とてもご無沙汰しております。
リアです。
ジェイミー君、本当にゾッとするような災難でしたね。
そんな状況の中、エリカラつけても笑顔のジェイミー君の健気さに愛おしさがひとしおです。
とにかく無事に元気になってくれて良かった良かった。
ウチもリアが子供を産み2匹残したので、今は3匹での散歩だから、注意力も散漫になりがちで・・・
改めて我が家も気をつけますッ‼︎

投稿: うーたん | 2015年4月27日 (月) 21時41分

びっくりしました。ジェイミー父様母様の心労も相当なものだったと思います…。
うちもそうですが、ジェイミー君を見てコイケルのファンになった方も多いと思います。
記事を読んでいてドキドキしてしまい…だから無事で何よりでした(>_<)元気になって本当に良かったです!

投稿: ライク母 | 2015年4月28日 (火) 00時19分

ジェイミーくん、大変な目に遭いましたね。パパさん、ママさんのお気持ち、よくわかります。こんな別れ方はしたくありませんものね。回復して本当に良かったです。

ジェイミー叔父ちゃんの笑顔、カワイイー!(ルルはこんな表情はしないので)、これからもちょくちょく見せてくださいね。

投稿: ルルマガ | 2015年4月28日 (火) 11時13分

うーたんさま

カラーを付けて包帯を巻いた姿で突進されたときは嬉しいやら痛いやらで(カラーが刺さるので)大変でした。でもものすごい勢いで回復してくれて本当に良かったです。一頭でも大変なのに三頭となったら自分の足元を見る余裕もなくなりそうですね。案外街中でもこんな事件に遭遇することもあるのでちょっとした物陰ですとか、気を付けてください!

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月28日 (火) 21時50分

ライク母さま

取り乱してはいけないというセンサーが妙に働いてまして、外から見ると冷静、でも内面がパニックという数日間で疲労困憊でした。今は全く前と変わらぬ元気っぷりなんですが、ここまで回復してくれてほんとによかったです。

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月28日 (火) 21時59分

ルルマガさま

私の不注意で死んだら一生立ち直れないな...という思いが待合室で頭の中を駆け巡っていました。なんとか助かった命なので、よぼよぼのおじいちゃんになるまで毎日たっぷりじっくり過ごす予定です!

折角復活したブログなので、ここからはまじめに取り掛かります!ネタもたっぷりたまってるんです。

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月28日 (火) 22時08分

久しぶりにコイケルブログ村を開きこちらの記事が目に止まりました。

ジェイミー君大変な目にあわれましたね。
病院が目の前にあったのは、幸運としか言いようがありませんね。

ジェイミー君の素敵な笑顔が見られて嬉しいです。

それにしても酷い人がいるものですね。
松本ではネズミ殺しがあぜ道にありそうです。
こちらも気をつけなければと思った次第です。

投稿: アリスのおかん | 2015年4月30日 (木) 00時06分

ジェイミーくん、元気になってよかった!!
いつも変わらない ありふれた日常の大切さを痛感しました。
てんちん女王様のワガママも 何でもきいてあげたくなっちゃう(*゚ー゚*)

GWは きつと楽しいお出掛けができるね ♪
ブログ、また楽しみにしています!


投稿: テン母 | 2015年4月30日 (木) 15時24分

アリスのおかんさま

いつもよりお散歩が遅くて病院が開いていない時間で、違うルートを歩いていたら確実に命はなかったと思います。本当にラッキーでした。

こういった事件は残念ながらどこでも可能性があるかと思いますので是非是非気を付けてください!

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月30日 (木) 22時36分

テン母さま

あんな事件があったのを忘れるぐらいの元気&わがままな毎日です!後遺症も全く無くて本当に安心しました。

GWの始まりは海遊びの予定です。ブロガーライフ復活しますsmile

投稿: ジェイミー母 | 2015年4月30日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1555729/59773463

この記事へのトラックバック一覧です: ブログをさぼっていた理由:

« 鶏頭をゆでる | トップページ | スリング作ってみた »