« 北の大地を目指して~東北・北海道紀行その1 | トップページ | 十勝千年の森、そしてニセコへ~東北・北海道紀行その3 »

2012年6月14日 (木)

ラムちゃんとの出会い&帯広へ~東北・北海道紀行その2

大変お待たせしました、東北・北海道紀行第2部です♪

Dsc08582

前回は若干サービスエリア紹介みたいな感じになってしまっていましたが、ここからいよいよ北海道満喫タイムが始まります!

まずはホテルから歩いて5分ほどのところにある中島公園で朝の散歩です。

Dsc08326

実はもう十何年も前、一年だけですが仕事の関係で札幌に住んでいたことがあるのですが、中島公園には足を運んだことがなく、今回が初訪問です。

Dsc08334

朝の澄んだ空気が心地よい公園は緑が目に優しく、散歩にはぴったり!池に入ろうとするジェイミーを押しとどめながら、芝生の広場でのんびりと散歩を楽しみました。

Hd31

そういえば今回の札幌の宿の写真も撮りました、こちらです...

Dsc08339

さて、この日の朝食は大通公園のちょっと北側にあるパン屋「KAKIZAWA」。8時過ぎに訪れたのですが、パンはあまり焼きあがっておらず、目玉焼きトーストとサンドイッチを購入して大通公園で腹ごしらえ。

Dsc08341

ジェイミーの視線が痛い。

Dsc08343

世間的には平日なので公園はガラガラ。せっかくなのでジェイミー母も公園を満喫(笑)

Dsc08345

この日は北海道在住のコイケルさんで、てんちん王国の娘さんであるラムちゃんとお会いする約束になっていました。
しかもちょうどてんちんチルドレンの誕生日が近いとのことで、テン母さんがクー&ペペを連れて来札中とのこと!何たる偶然!
札幌から車を走らせること約一時間。
窓の外はあっという間に広々とした田園風景に様変わり。カーナビの指示も「7キロ先を右折」とか凄く大雑把(笑)

Dsc08352

そしてたどり着いたのがこちらのドッグラン「さくら」

Dsc08355

すぐ隣は牧場で馬がのんびり...なんて気持ちのいいドッグランなんだ...

Dsc08357

ラムちゃんともご対面!てんちんにそっくり!

Dsc08358

キュートなラムちゃんはてんちん同様ボール遊びが大好きなスポーツ少女。

Dsc08359

そしてクー&ペペも登場!二人とも大きくなって男らしい!

Dsc08368

Dsc08405

この日はラムちゃんのとこのルカも参加です。

Dsc08375

ランは一面の芝生でこれがまたよく手入れされていて、軽い傾斜になっていてジェイミーも喜ぶはず!...なのですが、開始早々調子に乗って愛想を振りまいていたらクーとラムちゃんにダブルで怒られて一気にシュン...

Dsc08362

でもワンコ達は思い思いにランで楽しみます♪

Hd32

Hd33

Hd34

一時間遊んでいるうちに、ふと気がつくとジェイミーはすっかり帰ろうよモード(涙)

Dsc08398

なんのために北海道に来たんだー!!遊べー!!

ペペはジェイミー母の前にあっさり陥落(笑)
かわいいヤツめ。

Dsc08412

この後、ランチをいただきました。さくらはフードメニューも充実していて、日替わりのランチプレートはカレイの唐揚げとホッキ貝の刺身。カレイが...でかい...

Dsc08439

2時間ほど楽しく遊んでから、ラム母さんの(もうすぐ)新居にお邪魔させていただきました。
自宅にドッグラン作っちゃったってどういうことー!

Hd35

しかも広いよー!!

やたらと楽しいひと時を過ごし、再開を約束して後ろ髪を引かれまくりながらラム母さんたちに別れを告げます。
この日はなんせ道東道で帯広まで行く予定になっているのです。

ところどころで休憩しながら東へ!

Dsc08455

ドッグランのあるPAも多いんですよね。犬に優しい北海道でした。

Dsc08466

道東道は基本片側一車線で何キロおきかに追い越し車線が登場します。制限速度は70キロなのに大体みんな100キロオーバー(笑)
素晴らしく壮大な景色の中を走っているはずなのですが、なんとなく追い立てられてる感じが(笑)

Hd36

さて、そんなこんなで帯広に到着です。
今回帯広を訪れた目的の一つが「ばんえい競馬」見物です。
ジェイミーは入れないので(小型犬ならキャリーに入れればOKみたいですが)車でお留守番。

Dsc08489

「ばんえい」は普通の競馬とは違って、体重1トン前後の巨大な農耕馬が重石を乗せたそりを引くレースなのですが、のんびりした競馬場の雰囲気とド迫力のレースの対比が印象的でした。わずか200mのレースなのですが、途中で2つの障害(山)が設置されていてそれを乗り越える時のパワフルな姿はまさに勇壮そのもの。

Hd37

せっかくなので馬券も買ってみたら妻が単勝1.3倍を見事的中させていました(笑)

Dsc08507

ばんえい競馬を楽しんでからちょっと買い物にいそしんで、この日の宿、オーベルジュ・コムニに向かいます。「一日ぐらいは奮発しよう!」と頑張った宿なので楽しみ!
コムニは帯広市街地から約1時間ほど車を走らせたところにある、全10室の静かな宿です。
帯広から離れるに連れ、周りの風景は広々とした農場や牧場ばかりになり、うっすらとした霧が立ち込めて幻想的な雰囲気を醸し出します。
どこまでも広がる緑の中、突如として登場したコムニはこんな感じ。

Dsc08519

ペットOKの部屋は一番端にある部屋で、出入りも別のエントランスがあるので散歩も簡単。居心地も抜群で、窓の外には見渡す限りの草原が広がっています。
なんとこの日はお客さんは僕らだけとのことで、完全貸し切り状態!

Hd38

Dsc08518

他のお客さんがいないので何等気兼ねすることなくオフリードでGO!

Dsc08580

Hd39

Hd310

Hd311

生い茂った草をザッパンザッパン泳ぐように駆け巡るジェイミーの楽しそうなこと!

素晴らしい環境についため息が出ます...

Dsc08557

ディナーはフレンチで、地元産の食材がとにかく美味い!

Hd312

前菜は北海道ならではのホタテのカルパッチョ。アスパラは朝取りだそうです。

Dsc08591

続いては厚岸の牡蠣を使ったリゾット。春菊がいいアクセントになっています。

Dsc08593

黒ソイのポアレは海の香りのする浅蜊のジュでいただきます。

Dsc08594

そしてこれがメインの子羊のロースト。

Dsc08595

石田めん羊牧場のラムなのですが、このラムが生まれてこの方食べた一番美味いラムでした。臭みは全くなく、噛み締めると旨みが溢れ出てきます。子羊肉の概念を変える衝撃的な美味さでした。

デザートもさっぱりと美味♪

Dsc08596

そして夜。
大満足した僕らがふと窓の外に目をやると...

Dsc08597

靄の中に浮かび上がる木が何とも幻想的でした。
素晴らしい一日の締めくくりにぴったりの光景を目に焼き付けて、眠りに就くのでした...

さぁ、次はニセコだ!!

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

|

« 北の大地を目指して~東北・北海道紀行その1 | トップページ | 十勝千年の森、そしてニセコへ~東北・北海道紀行その3 »

ドッグカフェ」カテゴリの記事

ドッグラン」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

犬友」カテゴリの記事

コメント

きっとオランダのコイケルってこんな感じで暮らしているんでしょうね。

投稿: J. J. | 2012年6月14日 (木) 23時31分

素敵!!!
何より緑の美しいこと♪
ジェイミー君もはじけてますね。
走っているコイケルの美しさって最高だと思います。
北海道旅行記、すっかり自分が行った気分(笑)
それにしても、ジェイミー君の毛葺きが凄くなってきたようなのは気のせい?

投稿: アスラン母 | 2012年6月15日 (金) 09時44分

北海道、いいですね~。移住したいですね~。
いいなぁ、ウチも行きたいなぁ。
オーベルジュを貸切なんてなんて贅沢!
それにしてもビジネスホテル富士は犬OKとは思えない外観ですね。


続編楽しみにしてます!!

投稿: ホセ母 | 2012年6月16日 (土) 08時09分

J.J.さん、こんにちは!
やっぱり自然の中を走り回る時の表情って活き活きしてるんですよね...
一方でソファーの上で熟睡してる時も案外満ち足りた顔をしてたりして(笑)

投稿: にゃん | 2012年6月16日 (土) 13時48分

アスラン母さん、こんにちは!
毛葺きは...どうなんでしょう?
ふさふさなのは相変わらずなんですが(笑)
緑は特に朝夕に一段と濃くなる感じで、その中で走るジェイミーは確かに気持ちよさそうでした...

投稿: にゃん | 2012年6月16日 (土) 13時50分

ホセ母さん、こんにちは!
移住したいですね~。厳しい冬をどうやって乗り切るかって話なんですが...ホセ家なら楽勝なんでしょうが、インドア派の我が家は...うーん。

そしてビジネスホテル富士、衝撃的でした。布団を敷いた和室の壁の下の部分だけがふすまになっていて、すぐ向こう側は隣の部屋なので変だなと思って開けてみたら一面の鏡張りでした...なんで??

投稿: にゃん | 2012年6月16日 (土) 13時53分

芝生の緑がまぶしくて、やはり本州とはスケール感が一味違いますね~、ばんえい競馬も迫力あるなぁ。
B富士の歴史を紐解くと知ってはいけないことが出てきそうですね。。。

投稿: デイジー飼主1 | 2012年6月16日 (土) 17時23分

デイジー飼主1さま、こんばんはー。
北海道のスケールの大きさはなんとなくわかっていたつもりでいたのですが、やっぱり体感すると一味違いますね。かなり楽しかったです。
そして富士は...多分ご察しの通りではないかと...

投稿: にゃん | 2012年6月16日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1555729/45652179

この記事へのトラックバック一覧です: ラムちゃんとの出会い&帯広へ~東北・北海道紀行その2:

« 北の大地を目指して~東北・北海道紀行その1 | トップページ | 十勝千年の森、そしてニセコへ~東北・北海道紀行その3 »